TOPページ

OOK92_tatakausarari-man20131223500-thumb-750x500-4015
仕事にはプロフェッショナルが存在します。
ただ技能があるというだけではなく、対価を得ることができるだけの価値を持っており、
生業とすることができる人たちだけをプロフェッショナルと呼ぶわけです。

そのプロたちは、ただ技術があるだけではありません。
状況にあった技術を正確に発揮するために、適切な道具を使っていくからこそプロなのです。
だからこそ、素人ではできないようなものを作り上げたり、サービスを提供したりすることができるのだといえるでしょう。

その道具も様々なものがあり、状況によって使い分けをしていきます。
中には万能なものもありますが、その中からよりよい選択ができるのもプロの仕事だといえるでしょう。

そんなプロの技術を真似してみようと思うこともあるはずです。
そんな時には、プロが使うような道具を持ってみたいと思うこともあるでしょう。
しかし、そんな簡単に使いことなすこともできないものだったりするのです。

料理人

料理人ということを考えた場合、絶対になくてはならないのが包丁です。
最近は、包丁を使うこともないファミリーレストランの厨房もありますが、これは料理人ではありません。
あくまでも、障子を作る掛りでしかないといえるでしょう。

料理人にとって、包丁はその用途に合わせて種類を変える道具です。
厚みもありますし、長さの問題もあります。
調理するものによって使い分けることで、素材を生かして調理することができるようになるのです。

逆に言えば、包丁を使いこなせなければ一人前ではありません。
テレビなどで見る、日々練習をこなす若い衆の姿があるでしょう。
自分の手のように使いこなせてこそ、一人前になれるからなのです。

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストの技術は、人をいかに引き立たせるかということにかかっています。
その技量一つで、見た目も変わりますし印象も変わります。
非常に大きな影響を与える職業だといえるでしょう。

技術に合わせ、使う道具も幅広くなっていくのがメイクアップアーティストの特徴でもあるでしょう。
とても多くの道具を、場面に合わせ選択していくだけではなく、化粧品に合わせても変化させていきます。
素人が使うものとは明らかに違う質のものを選択し、その質を生かすために最良な道具を選択していきます。

漫画家・イラストレーター

漫画家やイラストレーターは、自分の世界やテーマに沿ったものを作り出していく仕事です。
何もないところに世界を描くのが仕事で、様々な画材を駆使していきます。

線を描くために使うペンも重要ですし、漫画家のようにスクリーントーンを使いパターンを描き入れていく方法もあるのです。
世界を描き出すかということに特化しているため、素人では考えられないような精度の道具も存在します。
漫画家やイラストレーターによって、使う道具に大きな違いがあるのも、特徴だといえるでしょう。

ビルクリーニング

掃除の専門家であるビルクリーニングの場合、掃除といっても使う道具はかなりの種類になってきます。
細かなところを掃除する道具から、床を磨き上げる大型のポリッシャーと呼ばれるようなものまで大小あります。
手で磨くだけが仕事ではありませんので、電動で効率的に進められるものもあるのです。

プロの仕事には、プロの道具があります。
自分で使ってみたいから考えてみるのもいいですが、
こういった道具を使って仕事をしているのだと再確認してみるのもいいでしょう。
身近にいるような存在かもしれませんが、実は次元の違う使い方をしていたりするのです。

ページトップへ戻る